借金が返せない


お金借金は生活を圧迫します。もともとお金が足りないから借金をしたのに、毎月の生活費に上乗せして返済額を支払うのは大変でしょう。生活そのものが成り立たなくなる可能性もあります。また、支払い期限を過ぎても返済ができなくなると、ブラックリストに乗ることもあります。契約条件によって異なりますが、目安としては支払い期限を過ぎてから3か月、滞納が続くと金融会社のブラックリストに名前が載ると言われています。

ブラックリストに載ってしまうと、以後五年間は借入を行うことはできません。新規の借金はもちろん、銀行でのローンを組むこともできなくなります。車や家といった大きな買い物の際に、ローンが組めないのは問題に感じる人も多いことでしょう。クレジットカードの新規発行もできなくなるなど、借金を滞納すると、生活だけではなく人生そのものにも影響を及ぼすようになります。それでも金額が小さければ、収入を増やすなり、身内に借りるなりして借金を返済することもできるでしょう。しかし個人の力ではどうにもならなくなったときは、法律で借金問題を解決することもできます。

このサイトでは、借金問題に対して法律がどの程度有効なのか、またその利用の仕方についてご説明しています。借金の種類によって取るべき対処も違いますので、自分にはどのような手段が使えるのか、ぜひご覧になってください。合法的に借金問題を解決して、再び人生を軌道に乗せるために、できることを考えましょう。