弁護士に相談しよう

弁護士任意整理や自己破産、あるいは過払い金の請求など、合法的に借金を整理するには、弁護士の力を借りるのが一番です。専門家に間に入ってもらうことで金融会社との話し合いもスムーズに進むでしょう。

最近ではネットでも、借金問題に強い弁護士を探すことができるので、まずはスマホやパソコンから検索してみましょう。気になる費用についてですが、基本的には無料で相談できることがほとんどです。多くの弁護士事務所では、返ってきた過払い金の中から報酬を得るようになっているので、手元にお金がない場合でも相談することができます。

電話やメールで受付をする事務所も多いですし、過去支払った際の明細がなくても相談を受けてくれる弁護士は大勢います。過払い金の請求に関しては、難しい手続きはさほど必要ないようです。ただ、過払い金を請求することで、身内に借金のことがバレるのではないかと心配する人もいるようです。特に過去に完済したものについては、今さら知られるのはイヤだと考えても当然です。

しかし弁護士には、業務上で知りえたことに関しての守秘義務が課されています。借金があったことや、過払い金が戻ってきたことが、身内や会社の人に知られることは絶対にありません。自分の力でどうしようもない借金がある人は、ぜひ弁護士への相談を検討してみてください。

法律で解決する

借金を合法的に解決する。それができれば生活はかなり楽になるでしょう。では具体的にどのようなことをすればいいのか、借金のパターンごとにみていきましょう。

まず、安定した収入はあるが借金の返済で生活が苦しい人や、無理のない金額で返済を続けたい人には任意整理がおすすめです。弁護士が間に入ることで、返済額を調整することができ、金融会社からの催促もなくなります。

頭抱えるまた、どうしても返せない額の借金を負っている人は、自己破産を考えてもいいかもしれません。自己破産すると、これまでの借金はすべて帳消しになります。もちろん金融会社からの催促もありませんので、新しい気持ちで人生をやり直すことができるでしょう。よく自己破産というと、仕事も家も失うようなイメージを持たれることがありますが、それは誤解です。自己破産は、会社にも身内にも知られることはありませんし、貯金や年金をもらう権利が失われることもありません。

さらに最近では、過払い金の返済を求める動きもみられるようになりました。過払い金とは、法定金利の上限を超えて設定された金利のことです。返済中であっても、過去に完済したものであっても、過払い金の請求はできるので、心当たりのある人は弁護士に相談すると、思わぬ額が返ってくることもあるかもしれません。

借金が返せない

お金借金は生活を圧迫します。もともとお金が足りないから借金をしたのに、毎月の生活費に上乗せして返済額を支払うのは大変でしょう。生活そのものが成り立たなくなる可能性もあります。また、支払い期限を過ぎても返済ができなくなると、ブラックリストに乗ることもあります。契約条件によって異なりますが、目安としては支払い期限を過ぎてから3か月、滞納が続くと金融会社のブラックリストに名前が載ると言われています。

ブラックリストに載ってしまうと、以後五年間は借入を行うことはできません。新規の借金はもちろん、銀行でのローンを組むこともできなくなります。車や家といった大きな買い物の際に、ローンが組めないのは問題に感じる人も多いことでしょう。クレジットカードの新規発行もできなくなるなど、借金を滞納すると、生活だけではなく人生そのものにも影響を及ぼすようになります。それでも金額が小さければ、収入を増やすなり、身内に借りるなりして借金を返済することもできるでしょう。しかし個人の力ではどうにもならなくなったときは、法律で借金問題を解決することもできます。

このサイトでは、借金問題に対して法律がどの程度有効なのか、またその利用の仕方についてご説明しています。借金の種類によって取るべき対処も違いますので、自分にはどのような手段が使えるのか、ぜひご覧になってください。合法的に借金問題を解決して、再び人生を軌道に乗せるために、できることを考えましょう。