法律で解決する


借金を合法的に解決する。それができれば生活はかなり楽になるでしょう。では具体的にどのようなことをすればいいのか、借金のパターンごとにみていきましょう。

まず、安定した収入はあるが借金の返済で生活が苦しい人や、無理のない金額で返済を続けたい人には任意整理がおすすめです。弁護士が間に入ることで、返済額を調整することができ、金融会社からの催促もなくなります。

頭抱えるまた、どうしても返せない額の借金を負っている人は、自己破産を考えてもいいかもしれません。自己破産すると、これまでの借金はすべて帳消しになります。もちろん金融会社からの催促もありませんので、新しい気持ちで人生をやり直すことができるでしょう。よく自己破産というと、仕事も家も失うようなイメージを持たれることがありますが、それは誤解です。自己破産は、会社にも身内にも知られることはありませんし、貯金や年金をもらう権利が失われることもありません。

さらに最近では、過払い金の返済を求める動きもみられるようになりました。過払い金とは、法定金利の上限を超えて設定された金利のことです。返済中であっても、過去に完済したものであっても、過払い金の請求はできるので、心当たりのある人は弁護士に相談すると、思わぬ額が返ってくることもあるかもしれません。